2022.04.23 / 最終更新日:2022.05.12

不動産売却の流れ|不動産売却の基礎知識①

  • #Mr.T
  • #不動産売却
  • #不動産査定

自分の家を売りたい、土地を売りたい、、、

計画を立てて不動産売却の準備をする為に

まずは不動産売却の流れを知ることが大切です

不動産売却の流れ

①査定

不動産会社に査定依頼をします。

お近くの不動産会社を調べて連絡、ネットで一括査定など

査定依頼の入り口は様々です。

また、査定依頼自体は何社にでも依頼できますが、

その分たくさんの不動産会社と話をするのも大変です。

2、3社ぐらいに絞って相談すると良いでしょう。

 

【関連コラム】

 

②媒介契約

不動産会社に販売を任せるための契約をします。

 

 

③販売開始

②の媒介契約で販売を任された不動産会社は

 

・現地だけでなく役所などへ行き物件調査

・上記の調査結果をもとに販売図面を作成して

 社内共有し自社のお客様に紹介

・他社のお客様にも紹介してもらうよう

 他の不動産会社に販売図面を配布

・インターネットに情報掲載をして広く周知

・近隣にチラシ投函

 

などの販売活動をします。

販売開始してから売れるまでの目安は

1ヶ月から3ヶ月ぐらいです。

 

④案内

販売活動により興味を持ってくれたお客様が

不動産会社さんと一緒に見に来ます。

土日に急な案内の話が入ることもありますので

注意が必要です。

 

⑤条件調整

買いたいお客様が現れたら条件の調整です。

価格交渉、お引渡しの時期、契約日などを相談します。

 

⑥売買契約

⑤の条件がまとまりましたら

売主様と買主様で売買契約を結びます。

 

⑦引き渡し準備

契約が終わったら、お引越しの準備や

抵当権がある場合は抹消の手続きなど

買主様に引き渡すための準備をします。

 

※一般的には売買契約を締結してから

 お引き渡しまで2ヶ月ぐらいです。

 

⑧決済、引き渡し

金銭の授受、所有権移転、不動産の引き渡しをします。

 

 

▼不動産売却の基礎知識②へ▼

 

PageTop