• HOME
  • S2Jコラム
  • 【仲介】と【買取】不動産売却の方法|不動産売却の基礎知識③
2022.05.01 / 最終更新日:2022.05.12

【仲介】と【買取】不動産売却の方法|不動産売却の基礎知識③

  • #Mr.T
  • #不動産売却
  • #不動産査定

不動産売却には

仲介と買取の2種類の売り方があります。

今回は、仲介と買取の違いを説明します。

それぞれのメリット・デメリットから

自分に合った売却方法を検討してみてください。

 

仲介売却

不動産会社に依頼して個人に売却する方法です。

可能な限り高い価格で売りたい人や

売却に急いでいない人が向いています。

 

メリット

・相場で売れる

 

デメリット

・買い手が見つかるまで時間がかかる

・仲介手数料がかかる

・契約不適合責任がある

 

 

 

買取

不動産会社に買い取ってもらいます。

とにかく早期に現金化したい人や

近隣等に知られず売りたい人におすすめです。

 

メリット

・確実に早急に現金化できる

・仲介手数料がかからない

・現況で買取してもらえる

・契約不適合責任がない

 

デメリット

不動産会社が買い取ったあとのエンドユーザー向けに売る費用を見込むため

仲介に比べて手元に入る金額が低くなります。

 

 

▼不動産売却の基礎知識④へ▼

 

PageTop