• HOME
  • S2Jコラム
  • 旗竿地とは?形別の間取りプランを紹介!土地探しのコツ①
2022.04.15 / 最終更新日:2022.06.26

旗竿地とは?形別の間取りプランを紹介!土地探しのコツ①

  • #土地探し
  • #整形地
  • #不整形地
  • #間取り

後悔しない土地探しをするなら、まずは基本となる土地の形状を知っておくことが大切です。同じ面積でも整形地と不整形地のどちらを選ぶかによって、建物の建てやすさやが異なります。

土地の形は後から変更ができないため、それぞれが持つ特徴を大まかに把握しておきましょう。

整形地 

整形地は、その名の通り正方形や長方形に形が整えられた土地のことを指します。どんな形の住宅にも対応しやすいため、一般的に坪単価が高めに設定されていることが多いです。

整形地の間取りプラン

先ほども述べた通り、整形地はどんな間取りにも対応がしやすいことが特徴です。そのため、土地の形に左右されずに駐車場の位置や庭の場所などを決めることができます。

特に②の土地のように角地の整形地の場合は、好みの住宅を建てやすいことに加え、前後左右に隣接する住宅が少ないため、人気があります。

不整形地

不整形地は、整形地のように綺麗な形に整えられていない土地全般のことを指します。土地によって形が異なるため、形状を活かした間取りプランを考える楽しさがあります。

同じ面積の整形地と比較したときに、不整形地は安めに設定されていることが多いので、広さが欲しいけれども予算をあまり割けない方にもおすすめです。

旗竿地の間取りプラン

旗竿地は、その名の通り旗の竿部分のように細長く伸びた土地があることが特徴です。一見活用しずらいと考えがちですが、長い敷地を2台の駐車スペースにすることによって、土地を余すことなく有効活用できます。

また接道が少なく、道路から建物が離れているので、プライバシーを保つことが可能です。

三角地の間取りプラン

三角地は土地の斜線に沿った建物の形にすることで、建物面積を確保した家づくりをすることができます。外観を個性的にしやすいのが三角地の特徴です。

「注文住宅を建てるのであれば他の家とは被りたくない」と考えている方におすすめです。

間口が狭い土地の間取りプラン

間口が狭い土地には、奥行きを活かした間取りプランが最適です。土地の形自体は長方形で整っていることもあるため、どんな家でも建てやすいでしょう。そして道路から見える箇所も少ないため、プライバシーも保たれます。

土地探しのコツ

今回は、旗竿地や三角地に代表される不整形地と形が整っている整形地の間取りプランをご紹介しました。理想のマイホームを建てるためには、土地の形状だけでなく方角も大切になってきます。なぜなら、土地がどの向きかによって日当たりが変わるからです。

土地探しのコツ②では、土地の方角の見方とそれぞれの方角の間取り例をご紹介しています。土地形状の次は、方角を知って後悔ないマイホーム作りを実現しましょう。

 

PageTop