埼玉相互住宅 × 制震システム「MIRAIE」 埼玉相互住宅 × 制震システム「MIRAIE」 埼玉相互住宅 × 制震システム「MIRAIE」

※1:振動台実験の結果による
【実験概要】実験名:木造住宅2F建てモデルによる振動台実験/建物:木造軸組工法1F部分(制振ダンパー有り・無し)/建物形状:5.46m×3.64m/建物重量70.56kN/
実施年月2017年1月/入力波:2016年熊本地震本震相当 震度7

埼玉相互住宅は「安心」を標準仕様にします

耐震×制震安心安全な住まい

埼玉相互住宅住友ゴム

  • 埼玉相互住宅では、建物自体の強度を上げ建物の倒壊を防ぐ「耐震」に加え、さらに安心な住まいにするため地震のエネルギーを吸収し、揺れを制御する「制震」を標準仕様にします。制震装置を加えることで、建物の損傷を抑えることが可能になり、より一層安心・安全な住まいを提供します。
  • MIRAIE配置参考図

耐震だけではなく、
「+制震」で大切な住まいを守る

耐震等級3相当の木造建築物に対して、熊本地方で大きな被害を出した熊本地震の前震級と本震級の地震波を入力。
さらに震度7の本震級の地震波を繰り返し入力し、MIRAIE装着とMIRAIE非装着で、建物の上層と下層の揺れ幅(層間変位)を測定。
この結果、地震の揺れ幅を最大95%低減できることが実証されました。

「MIRAIE」メカニズム
  • 建築基準法にも定められている、近年の新築住宅なら標準的に保持している性能です。建物の強度を上げる地震対策ですが、建物が地震エネルギーを全て受け止めて耐えようとするため、構造躯体へのダメージが大きく、余震や別の地震の際に本来の性能を発揮できない可能性があります。
  • 地震エネルギーを吸収するシステムです。建物の揺れが抑えられるため、構造躯体へのダメージが軽減されます。また、別の地震対策の1つである免震システムと比較し、低コストで導入できることも魅力です。

「MIRAIE」とは

制震 × 住友ゴム未来の笑顔を守る、新技術

地震の揺れを制御する木造住宅用制震ダンパー

3つのメカニズムで揺れを吸収

  • 01 運動エネルギーを熱エネルギーに変換

    一般のゴムボールと高減衰ゴムボールを地面に落とすと、一般のゴムボールが跳ね上がるのに対し、高減衰ゴムボールはほとんど弾みません。これは、高減衰ゴムボールが運動エネルギーを瞬時に熱エネルギーに変えて、吸収・発散するためです。
  • 一般ゴムと高減衰ゴムの比較
  • 02 高いエネルギー吸収性能

    高減衰ゴムは、「伸び縮みしながら繰り返し使用できる」というゴムが持つ最大の特徴を活かしながら、高いエネルギー吸収性能を持続します。
  • 吸収性能
  • 03 高い耐久力と強固な接着力

    鉄板と高減衰ゴムの接合に「加硫接着※」を採用。化学反応によって強固な接着を実現します。また、加熱による促進劣化試験では、90年経過しても性能がほとんど変わらず効果を発揮することを確認しています。
    ※熱と圧力をかけて接合部分を化学的に強固に接着する技術。
  • 加硫接着

3つのメカニズムで揺れを吸収・低減し安心・安全な住まいを守ります

優れた耐久性で
約90年間メンテナンスフリー

メンテナンスフリー

硬いのに500%以上も伸びるというこのゴムは、ゴム自体の性能として90年※1までは経年劣化がほとんどないことが実験により確かめられています。
約90年間※1制震特性はほとんど変わりません。お子様、お孫様の代まで安心が続きます。
※1:促進劣化試験の結果による

  • 揺れを熱に変えて吸収する「高減衰ゴム」。長期に渡り、地震に備えます。

    エネルギー吸収材に使われる「高減衰ゴム」は、ほとんど弾みません。これは運動エネルギーを熱に変えて吸収・発散するためです。90年間※1メンテナンス不要なので、手間もかからず、エネルギー吸収材に最適な素材です。
    ※1:促進劣化試験の結果による(高減衰ゴムダンパー部分において)
  • 一般ゴムと高減衰ゴムの比較
  • 高層ビルや橋の制震ダンパーに使われる技術を住宅へ転用したMIRAIE。

    住友ゴムグループの独自の技術から誕生した「高減衰ゴム」は、高層ビルや橋などの制震ダンパーに使われています。特に橋梁ケーブル用ダンパーでは、国内シェアNo.1※2の実績。使用範囲は-20℃から60℃まで適応し、北海道から沖縄まで、気候の異なる屋外でも多数使用される信頼性の高い素材です。
    ※2:2014年3月当社調べ
  • 高層ビルや橋

熊本地震に学ぶ

観測史上初めて2回の震度7、前例のない巨大地震の恐怖。
繰り返しくる余震の怖さ。
従来の地震対策で大丈夫と言えますか?

熊本地震は2ヶ月間で1,700回を超える有感地震が発生しました。震度7を2回観測したのを始め、震度5を超える余震も多く、本震でダメージを受けた建物が、その後の余震によって倒壊に至ったケースも少なくありません。

熊本地震の余震回数
〈 熊本地震の余震回数 〉
4月14日~4月16日の間での震度5以上の地震
地震発生:前震2016年4月14日、
本震2016年4月16日

安心・安全をより多くの
住まいのために

備える。
いつか来る、地震に備える。
余震に備える。
2000年に施行された新しい耐震基準の住宅は、震度6強クラスの大きな地震でも、1回では倒壊しないように計算されています。しかし、この耐震基準は、本震から住宅を守ることを想定しており、その後の余震までは考慮されていません。もし本震で柱や壁などの構造躯体がダメージを受けていれば、それに続く余震の規模や回数によっては倒壊する可能性も高まります。また、屋根、外壁、窓ガラス、内装などの被害状況によっては、生活できなくなることも考えられます。
守る。
これからの家を守る、
最新の地震対策。
ご家族が暮らす大切な住まいを守る地震対策は、耐震だけで十分でしょうか。住まいの耐震性をさらに高めることは重要です。しかし、本震に続く余震のこと、また地震後の暮らしのことも考えると、耐震だけで安心だとは言い切れません。そこで私たちがご提案したいのは「制震」。住友ゴムの住宅用制震ダンパーMIRAIE[ミライエ]は、住まいの持つ耐震性を損なうことなく、新たな性能を加え、本震だけでなく、繰り返し来る余震にも強い、より安心・安全な住まいづくりをお手伝いします。

※作成プランや構造計算の結果によってはミライエが入らない事がございますので予めご了承ください。

MIRAIEプロモーションMOVIE
実大振動台実験MOVIE

※制震ダンバーMIRAIEは住友ゴム工業(株)の商標です。

詳しくはスタッフまで
お問い合わせ下さい
048-985-0711

PageTop